Profile

大須賀ユウヤ

-8月12日生まれ。

AB型。

16歳の時、ドラムと出会い音楽の世界へ。

 

【SSWとして】

学生アカペラ出身。

傍、10年間ドラマーとしてバンド活動を続けた後、作編曲に目覚め、楽器をギター/ベースに持ち替え2016年5月にシンガーソングライターとしての活動を開始。

レコーディングは自身の多録で行う。ドラムの代わりにボイパを使用。

ライブではループマシンで一人でバンドサウンドを作り上げる形態で関西を中心に活動中。

基本的にエレキギターを使用。

2018年には、全国規模のライブコンテストOTONOVAにて関西エリアファイナルまで進出。

2019年には、MUSIC BUSKERのライセンスをかけた2次選考”グランフロント大阪&FM802 present MUSIC BUSKER IN UMEKITA Audition Live Vol.14″まで進出。

Jazz/Funkや70年代ディスコチューンをルーツとし、最新の邦楽ロック、ボカロミュージックや洋楽を軸に、ドラム/ベースから順に作曲する等リズム重視の楽曲制作をしている。

特にドラム以上の歴を持ち、傍らで講師も務めるボイスパーカッションは必見である。

 

【ボイスパーカッショニストとして】

2004年より、高校に通いながら元ドラムを始め、その後10年ドラマーとして活動する。

2008年より、ドラマーとして活動する傍ら、学生アカペラがきっかけでボイスパーカッションを始める。

2014年より、日本におけるボイスパーカッションのパイオニアであるVoice Percussion KAZZを含む数々のプロミュージシャンと共演。

2016年より、自身のボイパスクールで講師も務める。

2019年より、プロアカペラグループClearanceのレギュラーサポートとしても活躍中。

                             (2021年現在)